バルクオムを楽天よりも安く購入する秘訣!通販最安値はココでした!

バルクオムの口コミや評判・楽天の通販・最安値情報などをまとめています♪

バルクオムの化粧水THE TONERの成分を分析してみました

      2017/04/13

%e3%82%b9%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b1%e3%82%a2

バルクオムの化粧水THE TONERの成分を分析してみました

バルクオムの化粧水「THE TONER」は、研究段階から原材料のコストを制限なく、さまざまな成分や配合割合を試しただけあって、成分には非常に強いこだわりが感じられます。

しかし、あまり馴染みがない成分もあると思いますので、バルクオム「THE TONER」の成分についてここで詳しく説明させて頂きますね。

 

バルクオムの化粧水の全成分はこうなっている!

「水、BG、グリセリン、トレハロース、リンゴ果実培養細胞エキス、温泉水、ユズ果実エキス、チャ葉エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、加水分解シルク、グリセリルグルコシド、1,2-ヘキサンジオール、キサンタンガム、レシチン、PEG-60水添ヒマシ油、エタノール、フェノキシエタノール、香料」

バルクオムの化粧水で特に贅沢な成分とは

リンゴ果実培養細胞エキス、ユズ果実エキスなど果実由来の成分が目を引きますね。
バルクオムの化粧水「THE TONER」には、肌にとってベストなコンディションを保てる成分が絶妙な割合で配合されているので、高い保湿力とベタつかない質感を両立されているスグレものです。
その中でも、特に効果を発揮する成分を紹介します。

 

リンゴ幹細胞培養エキス

一般的なリンゴの賞味期限は約一ヶ月と言われていますが、その4倍も持つ「ウトビラー・スパトラウバー」という品種から抽出したエキスです。

実はこちらのリンゴは絶滅が危惧されており、世界でこのリンゴのなる木は20本しかないという大変貴重なものです。現在、スイスで生産が管理されているおり、非常に手に入りにくい成分です。

しかも、このリンゴは腐りにくいだけではなく、自己再生能力があるので、今、美容業界で大変注目されているのです。

人の肌も無数の細胞でできており、日々、紫外線や摩擦などのダメージにさらされていますが、自己再生能力があるおかげで時間が経つと回復します。
しかし、年齢とともに再生力は落ちてきてしまいます。

さらに、肌を作る原料であるビタミンCとタンパク質が不足すると、十分に再生することができず弱くなってしまうため、ニキビやシミ、そばかすなど、肌が受けたダメージが表面に出やすくなってしまいます。

特に現代では、果物に含まれるビタミンCの含有量が年々減っていることが分かっており、肌を作るための十分な栄養を食生活ではなかなか補いきれないことが、問題となっているので、人の肌は年々弱くなっていると言われています。

リンゴ幹細胞培養エキスは肌の細胞に直接働きかけて活性化するため、弱った肌が元気を取り戻す手伝いをしてくれる強い味方となってくれます。

希少な原材料を使っているので高価ですが、バルクオムの化粧水にかける強いこだわりが感じられますね。

玉造温泉 美肌の湯

温泉には美肌効果があるというのは、テレビでもしばしば取り上げられているのでご存じかと思いますが、効能に“美肌”と書かれてはいないと思います。

これは、美肌は(肩こり、リウマチなど)療法ではないために書かれていないのですが、裏を返せば科学的根拠がハッキリとしないということでもあります。

玉造温泉は、美肌効果が科学的に証明されている日本でも珍しい温泉で、肌のキメを細かく整える効果などが報告されており、天然の化粧水とも言われています。

また、塩化物泉であることから、肌に塩分が付着して汗の蒸発を抑えるため、保湿効果が期待できる温泉水です。

グリセリルグルコシド

日本酒300mLに約1gしか含まれていないという成分で、お酒を原料としているので安全性が高いのが特徴です。

また、保湿効果や、しみ、そばかすの原因となるメラニン色素が生成されるのを抑える効果があり、紫外線対策にもなります。

グリセリルグルコシドには、水分を一定に保つ働きがあり、肌の一番上の層である角質層の水分を巡らせるので、肌の乾いた部分の水分を補います。

肌全体にハリと弾力を与えるので、リフトアップ効果もあり、若々しいフェイスラインを保つことができます。

 - バルクオムの成分